モテる方法 > モテる為の基本

モテる為の基本

異性にモテる為には、まず異性と喋れる事でしょう。

異性と話も出来ない様では、自分の事をアピール出来ません。

なので、モテる基本とは、まず異性と話せる事です。

「出会いがないのだから、喋るチャンスなんてある訳が無い」と思っている方も居ることでしょう。

出会いは、家から一歩外に出れば沢山あるのです。

コンビニに行き、「カイロは置いていますか?」「●●と言う雑誌は入りましたか?」(エロ本は駄目ですよ)

この時のポイントは、レジで聞かずに商品整理をしている店内の異性に聞くことです。

レジで聞かれるのは、いつもの事ですので印象に残らないからです。

レンタルビデオショップでは、自分で探さずにサラッと見るだけにし、やはり店内にいる異性に「●●のDVDはありますか?」と聞いてみてください。

探してくれている時には、違う棚に行ってしまう店員さんに付いて行きます。

この時、DVDの種類によってこちらの好きなジャンルが店員さんにわかるので、本当に自分が好きなジャンルを借りた方が良いと思います。

自分でサラッと見るのは、自分では探そうとせずに店員さんを使おうとしていると、相手に嫌な思いをさせない為です。

居酒屋やレストランでは、「これは辛いですか?」とか「甘いのは駄目なんですけど…」など、こちらの情報をさりげなく伝える様に聞くのです。

1回では、効果はありませんが、何回か顔を合わせる内に挨拶が出来る間柄になれます。

店員さんを、別の場所で合った時は大チャンスです。

「●●の店員さんですよね」と、名札を見て名前が分かっていても、敢えてこの様に聞いて下さい。

「そうですけど…」と?顔でも良いのです。

「●●で可愛い(格好良い)店員さんなので、覚えていました。」と素直に言いましょう。

恥ずかしくて顔が赤くなっても、素直さが伝わって良いと思います。

この様に言われて嫌な気持ちになる異性はいませんから。

その後は、お店に行く度に親しくなれると思いますよ。